ジャパネットたかたの社長(高田明)さんていいとおもいません!ちょっと田舎なまりの口調で社長らしさを感じさないとこなんかいいですよね!そこがお客の心を引き寄せる ジャパネットたかた の 戦略 なんでしょうか(笑)

ジャパネットたかたの高田明社長さんは、こんな発言をしているようですよ。「お客様を裏切らないお付き合いをするために我々が感じた感動を、我々の言葉で伝えていく目指しているのは喜ばれる衝動買いです。」と語っています。

どちらかと言えば 株式会社ジャパネットたかた側からすればお客が勘違いをして、マイナスイメージ になるのでは、と思うような発言ですが、よく考えれば「喜ばれる衝動買い」とは、お客様に良質な商品の提供をしてその商品を納得したうえでお客がお買い求めた後その商品の必要性と価値観までなっとくしてご使用いたでける 「衝動買い」 だとおもいます。

お客様に商品の価格以上の喜びと買って良かったと納得して貰えるそんなお付き合いを考えている。
ジャパネットたかたは今後も会社独自の開発商品や、より確かなメーカー側からの提供された商品と適したサービスを私たちに紹介なさられるのでしょうね。

ジャパネット生放送中に台本を使わないそうですよ、社員が商品に感じた感動を社員の言葉でそのままお客様にお伝えする努力をしているそうです。

株式会社ジャパネットたかたは今後も常にお客さまのニーズをくみ取って商品を開発して続ける努力や適したサービスと共に喜ばれる商品を提供し続ける仕組みでしょうね。
 タグ